副業百貨店

お小遣い稼ぎからネットビジネスまで体験談を交えて徹底解説。増えない給料を150種類以上の副業で補います。

副業を成功させるコツ19ヶ条

成功するための知識を学んでから副収入を得るネットを使った週末起業、すぐに始められる即金バイト、お金はお金に稼いでもらう資産運用など、副業には種類がありますが、選び際には個人による相性が大切です。

よく「本業以外にダブルワークで働くなんてツラい」と思われがちですが、残業代が削られたら副収入で補填し、達成感に欠けたなら副業にやりがいを求めるなど、本業にプラスするのではなく、マイナス部分を埋める意識があれば、過度の負担をかかりにくいです。

また、豊かに生活するための副収入を得る方法を知るだけではなく、大事な本業と両立させるためにも「副業を成功させるコツ19ヶ条」を紹介します。

  01    欲張らずに本業で不満な部分だけを副業で補う。
  02    不況は何度も訪れると認識し、本業以外の収入源を得る。
  03    数値化した目標でモチベーションをアップさせる。
  04    楽しんで続けるために自己分析をし、興味がある仕事を選ぶ。
  05    本業が好きなら本業に似ている仕事のほうが効率的。
  06    本業で苦労しているなら違う仕事で気分転換をする。
  07    転職を考えているならローリスクな副業を選択肢に入れる。
  08    就業規則は必ずチェックをし、リスクの度合いを認識する。
  09    本業中に疲労、睡眠不足、ストレスを感じるほど無理しない。
  10    何らかの噂や嫉妬を懸念し、副収入の額を他言しない。
  11    会社や同僚にバレたときの言い訳などの対策を準備する。
  12    自由時間を把握のため、日常生活の行動に優先度を設ける。
  13    7時間の睡眠を確保した時間割で、生活スタイルを乱さない。
  14    一攫千金を狙うなら本業以上の努力が必要なのを覚悟する。
  15    ネット系は手軽に稼ぎやすいので、興味があるなら始める。
  16    知人からの紹介は続けやすいので、ツテやコネを活用する。
  17    途中で辞めても構わないので、気軽に働いてみる。
  18    キャリアアップも兼ねる仕事なら本業と相乗効果が得られる。
  19    稼げない仕事はその仕事を本業にしたいときだけにする。

日本の景況感、会社の経営状態、家族の都合に左右されないために、本業以外の収入源を持つことは賢い選択です。サイドビジネスなら簡単にやめることもできますし、必要なときに集中して働くこともできます。面白くて本業から乗り換えた人もいますし、技術力を高める場になったり、起業するまでの準備期間にもなります。

ただ、本業以上に副収入で稼ごうとする熱意に付け込む詐欺も増えています。副業は本業と同じように数ある仕事の1つですので、冷静に行動して、楽しんで働くことを心掛けたいです。

成功するための知識を学んでから副収入を得る

「副業をしたことがないけど、自分に合う仕事は何があるのだろう?」
「忙しいサラリーマンでも効率良く副収入を稼げる仕事はないか?」
「自宅でパソコンのみでできるネットビジネスは簡単なの?」
「時間の融通が利くアルバイトの方が自分には適している?」
「バイトよりFXやサラリーマン大家などに投資したほうが稼げる?」

副業は収入を得るために携わる本業以外の仕事のことを意味し、就労形態によってはアルバイト、パート、在宅ワーク、内職などに分類され、「サイドビジネス、セカンドジョブ、ダブルワーク」とも言われます。

最近、増加しているアフィリエイトやネットオークションは在宅ワークにあてはまり、時間をお金に変える時間労働型ではなく、成果報酬型のビジネスとして、忙しいサラリーマンや主婦に人気です。

ネット上にはこのような情報を提供するサイトは山ほど転がっているものの、適切なノウハウはそう開示されていませんし、新聞や雑誌は面白く特集を組むばかりで、親身に助けてくれるわけではありません。

転職したいなら転職エージェント、失業保険のことならハローワークで相談できますが、副業となると相談相手はなかなか見つからないです。だからこそ、副業の勉強ができるサイトなどで自分で知識を付ける必要があります。

また、全て他人任せというわけにもいきません。ライフスタイルは自分で決める必要があるため、ある程度の基礎知識を勉強することが正しい副収入への近道になります。

将来のために自分だけの副業を楽しもう

運営責任者である私は株式投資やFX、純金積立などの投資、引越しや工事現場でのアルバイト、アフィリエイトからせどりまでなどもやってきました。その中ではやりたい副業No.1にも選ばれたFXは、外国の通貨を売買して利鞘を稼ぐ投資であり、初心者にもおすすめです。

先行き不透明な将来、欲しいものを手に入れるにも自分が動いて、資金を貯めないと不安になりがちです。副業は「疲れが倍増し、自由時間が減って、精神的にも負担がかかる」とされていますが、自分に合っている仕事さえ見つかれば、趣味へと変わり、楽しんで収入を得ることが可能です。

また、短期的な日雇い労働よりも長期的な固定バイトもおすすめです。仕事に慣れるとダブルワークが当たり前に思え、苦痛を感じにくくなりますし、労働力に対する賃金を自由に設定できることは魅力的です。

不況の長期化や終身雇用の崩壊から、海外では副業が盛んに行われている一方で、日本ではまだ確立されていません。副業とは知識と行動力によって、収入を増やしたり、日常生活でのリスクを軽減することができる柔軟な職業でもあります。

本業を辞めることもなく、平日の合間、金曜の深夜、土日や休日に働くことで、現在から未来へと賢い資産設計が可能です。メリットとデメリットを理解しながら、このまま現状維持で本業の給料だけで生活するよりも、プラスアルファの収入を継続的に得る暮らしのほうが、きっと幸せな未来が待っているはずです。